• 快晴
    8月28日(日)  午前3:23
    18 ℃  |  快晴  |  降雨:0%

  • 100円=3.93レイ
  • 1ユーロ=4.45レイ

世界文化遺産と共生する国 ルーマニア

素晴らしい自然に恵まれた国ルーマニア。感動を与えてくれるのは美しい自然だけではありません。
長い歴史の中で、営々と築きあげてきた文明の「証し」の数々こそ、ルーマニア文化の真髄です。
例えば、ルーマニアの祖先であるダキア人が築いたローマ帝国時代の砦の遺跡。
あるいは神秘的な壁画のブコヴィナ地方の修道院などは、精神を呼覚ますような深い感動を与えてくれます。
ドブロジャ地方は、それ自身がギリシャ文化と古代ローマ帝国の博物館みたいなところです。
中世のムンテニアの有名なブルンコヴェアヌ王は、独特の建築様式による宮殿や修道院などを建てました。
その後、この建築様式は「ブルンコヴェネスク様式」と名づけられました。
また、当時のモルドヴァの最も有名なシュテファン大公(Stefan cel Mare)はモルドヴァ全土に数多くの修道院や砦を建設しました。

それからほぼ200年後、モルドヴァの学者ディミトリエ・カンテミルはドイツの学者から依頼を受け、とても貴重なラテン語の本を作りました。
また、トランシルヴァニアには中世のドイツ系ルーマニア人(サシ人)が残した要塞教会などがあり、これらの大半は現在ユネスコの世界遺産に指定されています。
同じように、驚嘆に値する雄大なドナウデルタもユネスコ認定の自然世界遺産です。

map
シギショアラ歴史地区

シギショアラ歴史地区

かつてのトランシルヴァニアの領主たちが生きていた中世の街並みが当時と同じくそのまま残っている、900年の歴史を感じさせる歴史ある街。ドラキュラの伯爵の実家も残されています。1999年指定。

ブコヴィナ地方の修道院

ブコヴィナ地方の修道院

15~16世紀に建立されたブコヴィナ地方の美しい修道院。建築物の美しさとともに、外壁に書かれた美しいフレスコ画が、非常に高いクオリティで残っています。1993年指定。

マラムレシュ地方の木造教会

マラムレシュ地方の木造教会

教会のすべてが木造で建築されており、レースのような軒先、魚のウロコのようなパターンにカットされた木の屋根瓦、そして長く四角い、とんがり帽のカタチをした屋根が特徴です。1999年指定。

トランシルヴァニア要塞教会群

トランシルヴァニア要塞教会群

豊かな国トランシルヴァニア地方を、遊牧民や3世紀14回にも渡るオスマントルコ帝国からの侵略と戦うために村民を守るための強固な、城壁の厚い要塞群。1993年指定。

ホレズ修道院

ホレズ修道院

1697年にこの地を統治した領主コンスタンティン・ブルンコヴェアヌによって創立された修道院。ブルンコヴェネスク様式と呼ばれる独創的なデザインは質素でありながら、気品があり優美であることが特徴です。1993年指定。

ダキア人要塞群

ダキア人要塞群

紀元前、ルーマニア人の先祖であるダキア人と侵略戦争をしかけてきた古代ローマ帝国との戦いの歴史がこの要塞群。ルーマニア人には特別な意味をもつ遺跡。1993年指定。

ドナウデルタ

ドナウデルタ

雄大なドナウ河の終着地が、ここルーマニアなのです。世界で最も有名なドナウデルタは、3,400種以上の魚と325種の野鳥を育むヨーロッパ最後の楽園です。 1991年指定

現在世界文化遺産申請をしているその他の建造物

ルーマニアには、ユネスコの登録を待っている世界遺産候補が他にもたくさんあります。
そのいくつかをここで紹介させていただきます。
ドブロジャ地方バサラビ村の古代複合岩場記念物、デンスシ村の聖ニコラエ教会、ネアムツ修道院、クルテァ・デ・アルジェシュ修道院、トゥルグ・ジウ市の彫刻家ブルンクシの名作、アルバ・ユリアの旧市街、シビウ市の旧市街などが現在世界遺産登録を目指しています。

ご提供サービス

  • 個人, 小団体用のカスタマイズ旅行手配
  • ルーマニア語からの翻訳・通訳
  • ルーマニア語からのテープ起こし
  • ルーマニア語講座
  • ルーマニアとの商売・取引サポート
  • ルーマニア関係イベント開催の支援
  • ルーマニアでの各種調査協力および現地での会議のアレンジ