• 月日  午後4:22
    0 ℃  |   |  降雨:%

  • 100円=3.79レイ
  • 1ユーロ=4.55レイ

シギショアラ歴史地区

シギショアラ市に関する最初の記録は1191年。街の中心部が中世のまま残っているので、ユネスコの世界遺産に指定されました。
街の代表物は「時計の塔」。時間になると、からくり人形が出てきて踊るのは当時のままです。
シギショアラの街を歩くと、中世の雰囲気を肌で感じることでしょう。
また、ドラキュラの実家もここにありますが、現在はレストランに姿を変えています。
毎年7月には「中世のフェスティバル」が行われます。

トランシルヴァニア地方のシギショアラ市には旧市街と新開地の、2つの街があります。
旧市街はデアル・チェタツィーという丘にあり、ニュータウンを見下ろしています。この街は900年前に建てられ、1000年以上も経ってから、1999年ユネスコの世界遺産に指定されました。旧市街とはいえ、現在も市民は普通の生活をしている、昔と同じように賑やかなところです。中欧・東欧の中で、一番よく中世の建造物が保存されている町です。

ここには、当時の要塞、家、店などの建築物がそのままの形で残されています。 この旧市街は砦のような外観を持ち、城壁に囲まれています。それは、昔トランシルヴァニアの領主たちが、ここに居住していたからでしょう。
要塞を守る天守閣はもともと14ヶ所ありましたが、現在は9つしか残っていません。天守閣には、当時のさまざまな職人の組合の名前が付けられています。「仕立屋の塔」、「皮革加工職人の塔」、「靴職人の塔」、「肉屋の塔」、「鍛冶屋の塔」など、中世を思い起こさせるようなユニークなものばかりです。

世界遺産シギショアラ歴史地区

最もよく知られている塔は「時計の塔」。これは昔の市役所が入っていたところです。高さ64m。14世紀に建てられました。建物の高い位置に大時計があり、当時から現在までちゃんと動き続け、 時間が来ると、塔の中から7つの人形が現れ、音楽に合わせてダンスを始めます。現在この「時計の塔」は、シギショァラ市の愛すべきシンボルとなっています。

このほか観光名所として見逃せないのが、ドラキュラ伯爵(ヴラッド・ツェペシュ領主)の生家です。1431~1435年、彼はムンテニア国を統治しましたが、実家はトランシルヴァニアのシギショアラだったのです。その他にも聖ニコラエ教会、ドミニカン修道院など、歴史文化を伝えるとても貴重な建築物が残っています。

ご提供サービス

  • 個人, 小団体用のカスタマイズ旅行手配
  • ルーマニア語からの翻訳・通訳
  • ルーマニア語からのテープ起こし
  • ルーマニア語講座
  • ルーマニアとの商売・取引サポート
  • ルーマニア関係イベント開催の支援
  • ルーマニアでの各種調査協力および現地での会議のアレンジ