• 薄曇り
    6月22日(木)  午後3:05
    33 ℃  |  薄曇り  |  降雨:10%

  • 100円=3.72レイ
  • 1ユーロ=4.60レイ

ダキアの古代砦

ローマ帝国時代のダキア人の砦の遺跡は、ルーマニアにとって、特別な意味を持つ世界遺産です。
ローマ皇帝カエサル以前から、ローマ帝国はダキア(現在のルーマニア)を狙って併合しようとしました。
領土や資源を巡る小さな戦争はたくさんありましたが、トラヤヌスが皇帝になってからローマ帝国は積極的にダキアを攻撃を仕掛け、大軍を送りました。
西暦101年、ローマ帝国軍はダキアとの国境だったドナウ河を渡り、最初はタパエというところで戦闘を開始。
ローマ大軍が勝利を得て、さらにダキアの中心部、オラシュティエ連峰に侵攻し、ダキア人の砦を続つぎと占拠。
ローマ軍兵士の数や軍事力に圧倒され、勇敢に戦ったにもかかわらずダキア軍はローマ軍に敗北しました。
その後お、ローマ軍はダキアの首都サルミセジェツザの要塞を前に苦戦を強いられ、冬の到来とともに攻撃を一旦中止。
そして翌年、サルミセジェツザを完全に包囲。ダキアの王デチェバルは、仕方なく条件の悪い屈辱的な平和条約締結に追い込まれました。
西暦105年、ダキアとの条約を破り、トラヤヌス皇帝の大軍が最終的な攻撃を加えてきました。
その1年後、サルミセジェツザ要塞はついに陥落。デチェバルは切腹。
彼の首はローマへ運ばれ、こうしてダキアはローマ帝国の属州になったのです。
ローマ人による祖国ダキアの征服は、その後のルーマニアの歴史と文化、およびルーマニアの国民形成にとって最大にして決定的な出来事でした。現在その戦いの痕跡は、遺跡となって我々の前に歴史を物語ります。
世界遺産、ダキアの古代砦は下記の通りです。

ご提供サービス

  • 個人, 小団体用のカスタマイズ旅行手配
  • ルーマニア語からの翻訳・通訳
  • ルーマニア語からのテープ起こし
  • ルーマニア語講座
  • ルーマニアとの商売・取引サポート
  • ルーマニア関係イベント開催の支援
  • ルーマニアでの各種調査協力および現地での会議のアレンジ